So-net無料ブログ作成

シナガワハギ [北海道の野の花]

sinagawahagi100630.jpg ついに野の花も夏バージョンになってきました。この黄色い野の花は「シナガワハギ」といいます。
 「シナガワハギ」はユーラシア原産の帰化植物で、一年生または越年生草本です。日本では北海道から沖縄まで帰化しています。江戸時代に東京の品川に野生していたので、「シナガワハギ」と命名されたと言われています。

 札幌は昨日も今日も天気予報をはるかに超えた最高気温で、かつ蒸し暑く(本州の方には笑われるかもしれませんが)、道産子は苦悩(?)しています。
 昨日は先に書いたように、親鸞聖人の750回御遠忌お待ち受け大会が札幌市の教育文化会館で大々的に開催され、門徒の方1000人以上が集まってある住職が作った「戯曲親鸞法要式inサッポロ タンニshow!」が催されました。ダンサーとエレクトーン奏者が各1名プロである以外は全員僧侶・門徒が出演しました。私は最初と最後の勤行を行う僧侶として数十名の僧侶と共に出演して舞台で正信偈を勤行しました。正装の衣ですから、暑くて1日汗をかいていました。でも、皆さんすばらしい活躍ですばらしい大会となりました。
 今日はその疲れを引きずりながら、いつもの「日曜礼拝」、そして「檀家廻り」をこなしました。午後はついに昼寝をしてしまいましたが、そのおかげで体力回復、久しぶりに愛犬の散歩に行って来ました。帰って、1分とたたないうちに大雨(夕立みたいな)になり、今も降っています。北海道はどんなに暑くても雨が降ると涼しい風が吹くので、今はホッと一息ついています。


nice!(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

Facebook コメント

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。