So-net無料ブログ作成

街はガラガラ [札幌]

 二晩、娘宅に避難して、9日(日)に我が家に戻りました。ホッとしましたが、急激な停電で電気的な故障がありました。たいしたものではないですが。今日、弟から聞いたのですが、猛烈台風や大地震でテレビの増幅器やアンテナが壊れた家がかなりあるようです。電気屋さんはお茶を飲む暇も無いくらいの忙しさだそうです。テレビや新聞で報じられていない被害もかなりあるようです。今日訪問したお宅でも、母屋は被害がなかったけれど、物置や車庫では物が散乱し、自動車の窓ガラスが割れたそうです。道路の陥没も報道の内容どころではないようです。大動脈である36号線や274号線の国道の信号は今日現在でも、あさってを向いたままでした。これは台風によるものですが。住職も道路の隆起で自動車が破損したそうです。こうやってあげていけばキリのないくらいの被害です。大先輩たちも、これほどの地震や台風は初めてだとおっしゃっているのがそのヒドさを物語っていると思います。
 厚真町にある同じ宗派のお寺も平らな土地にあったにもかかわらず、揺れで建物が大幅にずれて大変な被害に遭ったそうです。本山からもすぐにお見舞いを兼ねて視察にきていったとのことでした。町の大事な方々もたくさん亡くなったと言うことで、日を重ねるごとに被害の甚大さに驚いています。
 それにしても、北海道全域の一瞬のうちの停電、ブラックアウトには、北電の危機管理の情け無さを感じるばかりです。今の危機のどうするかが危機管理で、来年補充の発電所ができるからそれまでは・・・・というのは、危機管理ではないことをよくしるべきです。


 思わぬ休みがいただけたので、中央へ様子見に行ってきました。「創成スクエア」という新しいビルができて、新しい地下歩道ができたということもあってそのあたりをウロウロしてきました。ビルの全体が見たくて、テレビ塔の展望台にも久しぶりで上ってみました。なんと、敬老料金で半額でした。ラッキー!!
 いつもは賑やかな大通公園もどこもかしこもガラガラで、たまの老人の散歩には楽でしたが、寂しい街でした。北海道中で、遠くの地震の被害も全くないところでも、予約キャンセルで観光被害は100億円とも報じられています。亡くなった方は41人と、まさに激甚災害です。


 左の古そうな(実際古いのですが)ビルは札幌市役所、右の新しいビルは創成スクエアと名づけられたビルです。市役所ビルの向こう側(見えません)にただいま修復中の時計台があります。

sousei_s20180913.jpg

nice!(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。